石川県金沢市の長坂整体院は、中国整体の手技療法で心と身体の健康を提供します。腰痛・膝痛・肩こりなどのクリニカル整体、免疫力を高める経絡リンパ整体、リバウンドしないダイエットのコーチングも行っております。

「正しくリバウンドしないダイエット」 健康的に美しく痩せましょう!

まだまだ寒い日が続きますね。

年末年始で体重が増えたり、ウエストの脂肪が気になっているあなた!
どうにかして痩せたいと思っていませんか?


最近はテレビでもダイエットをテーマに面白おかしく興味を引く内容の
番組が多いですね。
間違ったダイエット、過激なダイエットによりリバウンドを繰り返す事を
「ウエイトサイクリング」と言います。
そのたび事に痩せずらく、大変恐ろしい状態に陥ります。
肥満には三種類のステージがあり
[肥大優位型] BMIが30前半まで
  ↓
[肥大・増殖型] BMIが30以上
  ↓
[増殖優勢型] BMIが30後半から40以上
へと進行すると考えられます。
白色脂肪細胞は肥満が進むと脂肪の数が増える事が分かっています。
また一旦増えた脂肪細胞は減らないと言われていましたが
アポトーシス 細胞死 をおこす事も分かっています。
今、日本人の多くの肥満者は脂肪細胞の脂質異常タイプです。

正しく健康的でリバウンドしないダイエットがしたいあなた!
お任せ下さい。
長坂整体院はそんなあなたの強い味方です。
「ダイエットコーチングコース」がおすすめです。
年齢、性格、生活習慣等その方に合ったダイエット方法をコーチングします。

もし、ダイエットに効果的な施術だけでもとお考えの方もお気軽に
お電話お待ちしています。
その方の悩みに応じたオーダーメードの整体施術を行います。




 

「健康で美しいダイエット」

 こんにちは!
少しずつ春が近づいて来ました。
夕方、少し前までは真っ暗だったのにまだ明るい
それだけで何だか得した気分になります。

[兼六園雪吊のライトアップ]

成人女性の80%、男性の70%がダイエットの経験者といわれています。
でも、成功する人はごくわずかです。
間違ったダイエットをしてもかえって身体に良くありませんよ。
リバウンドを繰り返して痩せにくい体質になってしまったり、
やつれたり、貧血、肌も痛めてしまいます。
若い女性の「隠れ肥満」が増えています。

お任せ下さい!
長坂整体院では、「ダイエットコーチングコース」を受付けています。

私自身も20kg以上の減量に成功しています。

肥満予防健康管理士やダイエットアドバイザーの資格も有り、
その人に合った無理のないダイエット方法をコーチングさせて頂きます。
勿論、ダイエット効果の高い施術もセットで行います。
・代謝を上げ自律神経を整えます
・リンパや静脈の流れを良くして「むくみ」をとります
・心地よくツボを押します
・無理なく姿勢を良くします

お気軽にご連絡お待ちしています。


「ダイエット」編 食物繊維で肥満予防

 なんとなく憂うつな梅雨の季節、、
季節外れの台風も心配です
気持ちは、カラッと晴天で行きましょー!

<自宅の紫陽花>

夏も近づき、ポッコリお腹が気になる季節です
内臓脂肪は危険です!
背中に脂肪が付きサイズアップしてきたら長坂整体院

食物繊維って言葉は、良く耳にしますよね
豆、穀類、野菜、きのこ、海藻等に多く含まれます
食物繊維は、水を吸収して胃の中で膨張し、満腹感をもたらします
便を柔らかくし、その量や回数を増やします
肥満症の人は便秘症が多いため食物繊維を意識して摂取することによって
便通を整える必要があります
また、食物繊維にはコレステロールや血糖値を安定させる等の生理作用もあります。
小腸内の糖質などの栄養成分を食物繊維で形成されたゲルの中に取り込むため、
糖質の腸管からの吸収も弱く、肥満や糖尿病の予防・改善に良い効果を与える
と言われています

食物繊維の多い食品はよく噛まなければならないので、
肥満者の早食いを防止して食事時間を延長させ、満足感が得やすいです

1日に30gの食物繊維を摂取したいですね!


・ダイエットに関するご相談
・関節痛や身体がだるい・疲れが取れない等
 お気軽にご連絡してください
 お待ちしています!



「ダイエット」編 ビタミン <サプリメントは補助摂取>

 外に出たい季節ですねー^^!
天気が良いとついついチャリでフラフラ出かけます。
お蔭で、ブログの更新もなかなか出来ずに月日が過ぎていました。
ツツジも先週が見頃でした!

大乗寺丘陵公園も1万3千本のツツジが咲き誇っていました

本当に見事でしたね!

夏も近づき、そろそろダイエットをしないと、、、と焦っている人も多いのでは!?
食べないだけのダイエットは良くないですよ!
不健康です・やつれます・リバウンドしますetc...
バランスの良い食事で、健康的にダイエットしましょう。

ビタミン補給は大切です。
でも、サプリメントに頼り過ぎるのは良くありません!

ビタミンは、体内における円滑な有機質(蛋白質、脂質、糖質)の代謝及び
正常な生理機能の維持に欠かせない栄養素です。
体内で合成されないため、食物から摂取しなければなりません。
世界で最初に発見されたのはビタミンB1です。
明治時代に国民病として恐れられた脚気(かっけ)はこのビタミンB1の不足が原因でした。
ビタミンは全部で13種類あり、溶解性により大きく二分されます。

水溶性は必要以上の摂取をしても尿で排泄されので毎日摂取するようにしてほしいです。
水溶性のビタミンCはガンや老化の原因とされる(活性酸素)への抗酸化作用で良く知られて
います。
脂溶性は、油で炒めると脂分一緒に調理すれば吸収されやすいです。

しかし、サプリメントなどで大量摂取は問題があります。
生活習慣病リスクを下げるという信頼性の高い研究も見つかっていません
水溶性のビタミンの過剰摂取は尿中へ排泄されることから問題は少ないのですが、
脂溶性ビタミンの摂りすぎは、体脂肪へ蓄積されることから、過剰症を引き起こします。
過剰摂取することにより、ビタミンAなら頭痛、吐き気、胎児異常などを引き起こす事があり
抗酸化作用があるビタミンEやベータカロチンもサプリメントで摂りすぎると死亡率が
高くなる事が国内外の疫学調査で分かってきたそうです。

サプリメントはあくまでも補助として普段の食事からビタミンを摂ることが重要です。
唯一の例外として葉酸は、胎児の発育に重要な役割をもち、若い女性に不足すると
妊娠した時に胎児の先天異常が起こりやすくなるため、サプリメントで必要量を
補うのが良いとされています。
[日本肥満予防健康協会資料参照]


長坂整体院では、
「健康でリバウンドしないダイエット」のコーチング及び施術を行います。
お気軽にお問合せ下さい!






「ダイエット」編  太らない!お酒の飲み方

 金沢は、桜真っ盛りです!

自宅近くの陸上競技場周辺や、犀川児童会館周辺、兼六園等本当に綺麗です。

更に良いスポットを探してみます。

ウォーキングに良い季節ですね。
楽しく、外で身体を動かしましょう!

お酒を飲む機会も多い季節、、

仲間との宴会は本当に楽しいですね〜!

でも、楽しいお酒もダイエット的に見れば注意が必要です。
ご存じの通りお酒自体もカロリーは高いです。
楽しい宴会は別として、毎日の晩酌も心がけ次第で大きく変わります。
(そう、飲み方や食べ方が影響します)
キムチや豆腐等をつまみに焼酎を飲めば太りにくいですが、
ビールを何杯も飲み、から揚げ・ピザ等を食べて、
寝る前に〆のラーメンを食べるような人は当然太ります。

我慢をし過ぎて、ストレスが溜まるとまたこれも厄介です。

なるべくヘルシーで、満足度が高いおつまみを選んで下さい。
枝豆、野菜スティック、モツや軟骨揚げ等が良いです。
*アルコールは肝臓に負担がかかります。それを助ける成分のひとつが食物繊維です。
 噛み応えによる満足感、栄養素の吸収を穏やかにするため血糖値の急上昇予防にも。
 腸内で余分な脂肪等を吸着し排出を促す働きもあります。
 キャベツやきのこ等の不溶性食物繊維と海藻やこんにゃくの水溶性食物繊維を合わせて摂れば
 さらに効果的です。
*低脂肪高タンパク食をおつまみにするとアルコールの解毒・分解が速くなります。
 逆に高脂肪のおつまみは肝臓への脂肪蓄積が促進され、アルコールの解毒に
 ブレーキがかかりやすくなります。

アルコールのカロリーはエネルギー源になることなく熱になるため「エンプティ―カロリー」
(空っぽのカロリー)と言われていますが、ビールやワイン等は糖分が多いため、
飲み過ぎればカロリーオーバーに直結します。
やっぱり、適量!
たまには、休肝日を! (自分で書いているのに、耳が痛い、、)


長坂整体院では、ダイエットに適した施術を行っています。
是非、ご相談を!







「ダイエット」編 主食・主菜・副菜のバランス

 三寒四温と言う言葉通り、寒い日・暖かい日を繰り返しながら
春が近づいていますね!
新緑の季節・桜の開花も、もうすぐです!
春の山菜が美味しい季節になりますね。
今年は、タケノコも表年ですよね?
(確か、昨年はタケノコがあまり採れなかった記憶が、、)


冬の間に蓄えた脂肪が気になる今日この頃、、、

健康で太らない食生活の基本は、適量をバランス良くです。
単純に食べないとか、食べる量を減らせば痩せるという訳では無いですよ。
偏った食生活では、痩せません。
「主食・主菜・副菜」の3点セットをバランス良く食べましょう!

*主食・・・ごはんやパン、パスタ等の糖質です。(エネルギー源として不可欠です)
       脳は糖質のみを栄養源とします。
*主菜・・・肉や魚、卵、大豆等のメインのおかずです。
       筋肉を維持するためにもタンパク質の摂取は大切ですよ。
*副菜・・・野菜や海藻、きのこ、くだもの等
       ビタミン・ミネラル・食物繊維は、身体の機能維持に不可欠です。


もう一度言います。
健康で太らない食生活の基本は、

適量をバランス良くです。


長坂整体院では、健康でリバウンドしないダイエットのコーチングと
施術を行う「ダイエットコーチングコース」を実施しています。

「ダイエット」編  野菜を食べて肥満予防

 今日は、晴天です。
積もった雪も一気に解けるかもしれませんね!
春はもうそこまで来ています。


子供の頃から、野菜をちゃんと食べなさいって良く言われましたよね?
なんとなく食べるのが面倒くさいとか、
別に食べなくっても栄養には関係無いとか、
ついつい後回しにしてきたた様な気がします。

最近急に「トマト」がダイエットに良いと、品薄になっているらしいですね、、、
まーそれはともかく、


やっぱり、ダイエット(肥満予防)と野菜は とっても重要な関係にあります。

まず、野菜と言えば食物繊維
食事の最初に野菜を食べる事で、ご飯やパスタ等の炭水化物(糖質)を摂取しても
血糖値が緩やかに上昇すると言われています。
つまり、インスリンの急上昇を抑えてくれるという訳です。
(必要以上の糖質を体内への送り込を抑制してくれる、食物繊維が体脂肪を撃退してくれる
優れもの!

また、食物繊維は腸を刺激して活性化し、便秘を予防したり、腸内環境を良くします。
水溶性食物繊維は便の水分量を増やして出やすくしますし、
不溶性食物繊維は余分な脂肪をはじめとする栄養素を吸収して排出させる働きがあります。

更に、野菜には代謝を上げるのに有効な成分を持つものが多いです。(ビタミンB群)
筋肉の合成に必要なビタミンB6、ミネラルが豊富な物も多いです。

なんといっても、ポリフェノールや抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンC、E、Aも野菜や
果物に多く含まれています。

やっぱり、野菜は「偉い」

色々な野菜を偏らずに摂ることで、代謝アップは勿論、
脂肪の燃焼を担う筋肉づくりや腸内環境の改善をサポートしてくれます。

あくまでも「主食・主菜・副菜」をバランス良く食べるのが原則です。


長坂整体院では、「健康でリバウンドしないダイエット」のコーチングと
施術を行います。


「ダイエット」編  脂肪(肥満)の犯人は・・・油もの、甘いもの!

 まだまだお正月気分が抜けませんね〜。

友達何人かと話してたら、年末年始で
だいたい2前未亙慎い蚤僚泥▲奪廚靴討泙垢
顱イ笋辰僂蝓⊃べるシーンが多い
髻Ε瀬薀瀬蘰阿ない
鵝辛いストレスからの解放
が、ベスト3です。
でも、良いんです。
お正月くらい<ダイエット>の事も、仕事の事も忘れての〜んびりするのが!

そろそろ気持ちも身体も引き締めないと、、、

もう少し、お正月気分でいたいですね


今の日本人は明らかに油物、特に動物性脂肪の摂りすぎ状態です。
特に十代、二十代の若者たちは、かつおだしの味や昆布のだしの味よりも、
油の味が美味しいと感じる味覚になっているのではと心配になります。
脂質は糖質やタンパク質の約二倍のエネルギーを持っており、余分に
摂取した脂肪分は中性脂肪として肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。
少し前の日本では肉や魚は大変なご馳走で、いつも食べられるようなものでは
ありませんでした。
特に肉などにいたっては正月か、祭りとか限られた時にのみ口にできる貴重食品でした。
現在ではその頃の約三倍の動物性脂肪を摂っているといわれています。
ケーキ・饅頭・アイスクリーム・コーラ・チョコレート等など、私達人間は、唯一砂糖や肉を
常食とする雑食性の猿といわれますが、どうも“甘い”という味を、美味しいと感じてきた
歴史があります。
ご飯・お茶・果物・等“美味しい”と感じる基準が甘さにあるといわれています。
甘い物を摂りすぎると、体内で吸収された糖質はブドウ糖になりブドウ糖からできる
グリセロールは脂肪からできた遊離脂肪酸と結合して、中性脂肪を作ります。
このために脂肪につながるのです。
又、砂糖や果糖などの単糖は早く吸収されやすく、インスリンが大量に分泌され
中性脂肪の合成を促進し、その分解を抑制する動きがありますます、
太りやすくなってしまいます。
[日本肥満予防健康協会資料参照]

長坂整体院には、リバウンドしない健康的なダイエットのコーチングコースがあります。

「ダイエット」編  <基礎代謝> 加齢とともに自然に太る!?

 いよいよ金沢では、今夜雪予報です
平野部でも降るんですかね〜
スタッドレスタイヤに替えましたか?
今朝も少し雪が舞ったようですよ!

雪が舞う位ならロマンチックですが、あまり積もると大変ですよね



「基礎代謝」日常ではあまり使わない言葉ですね。
簡単に言えば私達人間は寝ていてもエネルギーを使用しています。
それは体温を一定に保ち、又 臓器を動かし、血液を全身に送り届ける
この様な、生活活動で使うエネルギーでは無く人間が少なくとも最低人間である為の
最低必要なエネルギーのことを言います。
この基礎代謝でなんと消費エネルギー全体の約60%から70%使用しているのです。
ですからこの基礎代謝の上下はその人の肥満事情に大きな影響を与えています。

私達人間は、25歳位からこの基礎代謝が低下するといわれています。
過去のデータから一日約10キロカロリーずつ低下すると報告されています。
25歳の人が40歳になるまで、
同じ様に生活しているだけで計算上では7.5kgも
基礎代謝により太ることになります。
そして中年太りという現況を作っています。
貴方は20代の頃の体重を維持していますか?
この基礎代謝の低下も私達を太らせる犯人の一人です!
[肥満予防健康協会資料参照]

長坂整体院では、基礎代謝に注目しリバウンドしない一生ダイエットのコーチングを行います。
お気軽にお問合せ下さい!

「ダイエット」編 〈体脂肪率〉・・肥満とは・・

 食欲の秋、、、
北陸の蟹も解禁になりましたね!
もう召し上がりましたか? 「美味しい」ですね!
昨日食べたブリも脂ががのって美味しかったです。

ボジョレーヌーボ2011の解禁日(11月17日木曜)も3日後ですよ!
ぶどうは昨年より3週間早く熟成し、ここ数十年で最も早熟な年らしく、
成熟度が良く、酸は少なく、滑らかな仕上がりだそうです。
ま、お祭り事として1本は飲んでみますよ!


今回は、体脂肪率のおさらいです。
「肥満」とは、身体を構成する成分のうち、体脂肪率(体重に占める脂肪組織の割合)
が正常よりも多い状態を指します。
(体重が重い人や太って見える人が必ずしも肥満ではありません)

人の身体を構成している成分は水分、脂肪、タンパク質、ミネラル、糖質、カルシウム等で、
一番多いのは水分で、約50〜60%
脂肪           約15〜25%
タンパク質        約15〜20%
ミネラル         約  5〜  6%
糖質他

脂肪の割合(体脂肪率)が年齢をとわず、男性25%、女性30%を超えると「肥満」
とみなされます。
もちろん、体重は脂肪が増えたとき増加しますし、筋肉、水分が増えたときも増加します。
「肥満」といわれるのは、この脂肪が増えた場合のみをいいます。
 体脂肪測定

       ―――体脂肪率―――

          正常範囲       肥満
      
成人男性   15〜20%     25%以上

成人女性   20〜25%     30%以上


健康でリバウンドしないダイエットのコーチングを行います。

| 1/3PAGES | >>

院長 高桑徹

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Links

Search

 

Mobile

qrcode

ご予約は 287-3272